Resource Center

リソースセンター

North-side Exterior View

north

Entrance

entrance with chairs

Gymnasium

Gym
CHISTのキャンパス

最先端の学び舎

新校舎が2017年12月に完成いたしました。
最先端の教育プログラムを実践する、高性能な機器・備品を装備しています。
校舎のデザインは、児童生徒の成長を見守り育む「大きな樹・多様な樹」をイメージ。

教員と児童生徒、また児童生徒同士のコミュニケーションが活発に行われ、
「深い学び」につながる校舎づくりを進めています。
また、日々の児童生徒の安全を見守るセキュリティ対策についても、
高機能な防犯機器を導入し、安全管理に万全を尽くします。
Entrance
Information
, 12. 12, 2017
From CHIST School Building/CHIST校舎より 13, 137, 444,
thumbnail bldg3
Information
, 11. 06, 2017
From CHIST Construction site/CHIST校舎建築現場より 3 13, 137, 444,
thumbnail_bldg2
Information
, 10. 20, 2017
From CHIST Construction site/CHIST校舎建築現場より 2 13, 137, 444,

CHISTのセキュリティ対策

・登下校見守りシステム(登下校時にICカードをタッチすると、その情報が保護者様へメール配信されるシステム)を導入します。
・防犯カメラを外部に繋がる入口出口すべてに設置します。
・正門を電気錠でロックし、部外者の立ち入りを防ぎます。
・児童生徒の登下校を、正門前で警備スタッフが見守ります。

CHISTのキャンパス

リソースセンター

リソースセンター
経験豊富な司書教諭が教員とともに厳選した書籍が揃っており、Understandingを深めるために、課題についてリサーチし、一人で考えたり、児童生徒同士でディスカッションしたりする場所です。ここがまさに「学びの中心」となります。また放課後にはリソースセンターで自習してから帰宅することも可能です。初等部低学年向けに、床に座って本が読める小上がりのスペース(床暖房あり)も設置。さらに電子書籍も準備しています。

entrance with chairs

エントランス
国籍や年齢などの違いを越えて様々な人々が集い、つながる場所であることから、菩提樹をかたどったオブジェとベンチを設けています。菩提樹は、お釈迦様がその下で悟りを開いたといわれるため「聖なる木」とされています。エントランスには、児童生徒の作品や動画などを展示予定です。

north2

北側外観
北側が正面となり、児童生徒はこちらの正門から登下校します。手前側にリソースセンターや体育館、奥側に教室があります。

南側外観

南側外観
南側に各教室の大きな窓(3~5階)があり、暖かな太陽の光が学習する児童生徒を明るく照らしてくれます。窓のひさし部分については、3階は萌黄色(緑)、4階は黄蘗(きはだ)色(黄)、45階は曙色(赤)を使用し、菩提樹の成長過程(葉⇒花⇒実)になぞらえた色分けとなっています。この3色は各階のテーマカラーにもなっており、色彩あふれる国際的な校舎となっています。

pilotis

ピロティ
エントランスへとつながる道のため、外壁の緑色のタイル、さらに植栽や仕切りも、菩提樹の繁茂する葉をイメージしています。毎日こちらを通って児童生徒は校舎へ入っていきます。

classroom

教室
協働型学習を基本とする授業のため、教室の前方は、ほぼ一面ホワイトボードになっています。UbT教育において、パソコン・タブレット・プロジェクター・インターネットは必須ツールのため、これらはすべて標準装備され、すべての教室がコンピューター教室としての機能を持ちます。また、廊下側の壁には、児童生徒の作品を展示するスペースもあります。

3F廊下2

廊下
広々とした空間は児童生徒の心のゆとりを生み、CHISTの思いやりに満ちた学校文化を形成していきます。

Gym2

体育館
体育の授業や、放課後のクラブアクティビティ、さらに授業の成果報告の際にも使用します。

グラウンド

グラウンド
東京都小平市に、約8,000平方メートル(少年サッカー場2面分)の広大なグラウンドを保有しています。