What's CHIST
校舎イメージ縦

butterfly
CHIST 教育理念

仏教精神により世界の幸せをカタチにする
知性・品性・倫理性を兼ね備えた
「行動する国際教養人」の育成

butterfly
CHISTの使命

Chiyoda International School Tokyoは、
仏教精神により世界の幸せをカタチにする知性・品性・倫理性を兼ね備えた
行動する国際教養人の育成を目指します。
そのためにChiyoda International School Tokyoは
世界の叡智を結集した高度な初等中等教育カリキュラムを提供し、
児童生徒の深い学びを形成します。
Chiyoda International School Tokyoで学ぶ児童生徒が、国際的視野を持ち、
生涯にわたって学び続ける人としてそれぞれの人生を切り拓いていくことを、
我々はその教育を通して、強く働きかけていきます。

butterfly
学校概要

1.学校の名称 Chiyoda International School Tokyo (CHIST)
2.位置千代田区四番町11番地
3.開校の時期 2018年4月1日
4.学校の設置形態学校教育法第134条に基づく各種学校として認可
(学校教育法第1条に基づく、いわゆる「一条校」とは異なります)
5.Head of school大迫 弘和
6.修業年限・生徒定員
(男女共学)
※1 2018年4月G1~G5の全学年を開校(初年度児童数はG1:40名、G2~5:20名)
※2 中等部及び高等部は、2019年度から開始(G6、G10のみ開設予定)

コース修業入学定員総定員
初等部
(G1-G5)※1
5年 40名
(1クラス20名×2クラス)
200名
中等部
(G6-G9)※2
4年 40名
(1クラス20名×2クラス)
160名
高等部
(G10-G12)※2
3年 40名
(1クラス20名×2クラス)
120名
 合計 120名 480名

butterfly
沿革

1924年高楠順次郎博士が武蔵野女子学院を創設
1950年武蔵野女子短期大学設立
1965年武蔵野女子大学設立
2003年武蔵野女子大学を武蔵野大学に名称変更
2012年学校法人武蔵野女子学院を学校法人武蔵野大学に名称変更
2016年学校法人武蔵野大学と学校法人千代田女学園が法人合併
2018年学校法人武蔵野大学が「千代田インターナショナルスクール東京」を開校

butterfly
Message from the Head of School

Head of School
Hirokazu Osako
東京大学文学部卒。武蔵野大学教育学部教授。これまでに千里国際学園中等部高等部校長・学園長、International School総合研究所所長、同志社大学附属同志社国際学院初等部校長、リンデンホールスクール中高学部校長、東京都英語教育戦略会議委員等を歴任。現在、文部科学省に協力し、グローバル教育の国内普及に尽力。